スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ピース』 ナビスコ杯準決勝第2戦 関口訓充

2週間前の湘南ベルマーレ戦、1-2と逆転されたのちの同点弾を決めたのは柏木陽介。興梠慎三が頭で落としたボールを走り込んで右足でねじ込んでいる。

ゴールを陥れる上でアクセントとなっていたのは、興梠のヘディングのひとつ前、阿部勇樹からの縦パスを関口訓充がワンタッチでつないだプレーだった。
「阿部ちゃんからボールが来たときに慎三が動くのが見えて、阿部ちゃんのボールもちょっとバウンドしてたので右のアウトで流したという感じです」
本人はそう振り返っていた。
90分に生まれたあの同点ゴール後、アディショナルタイムは4分間あった。
その短い間にも、関口はドリブルで切り込み、チャンスを作った。エリア内右から、「シュートを打てればよかったんですけど、相手のスライディングも見えたので」クロスに切り替えたボールは、触れば1点というものだった。

1週間後の大宮アルディージャとのダービーマッチ。
再び途中出場した関口は、柏木からの「お返し」とでも言うべきアシストで4-0とするゴールを決める。
このゴールの数十秒前にはマルシオ・リシャルデスと共にしつこく相手を追ってボール奪取、ドリブルで左サイドを上がると、クロスから柏木のシュートへとつなぐ場面を作ってもいた。
湘南戦から連続で得点に絡む仕事をやってのけた関口。
柏木は彼の変化を感じたと語る。
「クニ君はそれまではまだ悩みながら、自信をもてないままにやっていたと思う。けど、最近は違う」

そして、川崎フロンターレとのナビスコカップ準決勝第2戦。
チームを国立競技場へ導く重要なアシストを、関口は記録した。
柏木は同僚の働きについて、こう語っている。
「途中から入るのはやっぱり難しいと思うし、気持ち的には嫌やと思うけど、そこをクニ君が割り切ってやってくれてることで、チームの得点につながってると思う」

関口本人は、あの場面を次のように振り返る。
「中は慎三のところしか見えてない状態でしたけど、勝負どころで落ち着いて蹴れました」
試合後には、仙台の元同僚たちからアシストを賞賛するメールが早々に入っていたと言う。
「時間が短いとわかっていて、自分の中で割り切って仕事ができてるし、ここだというときに仕掛けられてる。そのへんは、迷いなくやれてると思います。失敗しても、思い切ってチャレンジすることが、今の結果につながっていると思います」

少し前までは、「自分の武器は仕掛けだ」と思いつつも、「パスをつないだ方がいいんじゃないかという迷いもあった」と吐露する。
迷いを断ち切るキッカケのひとつが、湘南戦でゴールに絡めたことだったとも語る。
「あの試合も思い切って自分のプレーはできたと思うので、そういうところでひとつ吹っ切れた。何かしらのアクセントをチームに付けないといけないと思うし、ひとつのピースとして今は上手く機能してるんじゃないかと思います」

厳しい見方をすれば、ここ3戦の活躍で、関口は期待されるレベルに『ようやく』達したと言える。それくらい、彼への期待値は高かったのではないだろうか――。
そこに至るまでに長い時間がかかったことを、本人も苦笑いと共に振り返る。
「シーズンはじまってから、厳しい時期というか、自分の中でも辛い思いをしながらずっとやってきました。けど、腐らずに前向きに練習に取り組めたことが今につながってると思います」

試合後の彼の言葉には、チームのピースとして求められる役割を成し遂げた充実感があふれていた。
同時に、《ここがゴールではない》との思いも色濃くにじんでいた。
「良いときもあるし悪いときもある。それは常に起こることだと思うので、今の結果に満足せず、これからも謙虚に1日1日の練習をやっていきたいです」
彼と同じように考え、日々、大原で汗を流している選手はまだまだいる。
この日のアシストは、本人にとってはもちろん、彼ら『レギュラーメンバー以外』にとっても特別な価値のあるものだったはずだ。
(了)

下記バナーから、当月(10月末日まで)無料でメールマガジンの試し読みが可能となっています。

スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

『役割』 ヴァンフォーレ甲府戦 山岸範宏 興梠慎三

90+6分、ヴァンフォーレ甲府の青山直晃にボールを押し込まれた直後、山岸範宏の口から叫び声がついて出た。
しかし、数瞬の後には切り替え、彼は自らの手でボールをセンターサークルへと送っている。

山岸が今季初出場を遂げたのは9月7日。ナビスコカップ準決勝第1戦だった。
2-0とリードした後、3度、背後のネットを揺らされている。
どの失点の形も、彼に止めることを要求するのは酷なものではあった。
「でも、3点ともラストパスを出す選手、シュートを打つ選手への寄せがちょっと甘いかもしれないから、もっと行かせないと」
試合翌日、彼はそう振り返っていた。
「反省のない失点というのはないからね」
彼の以前からの信条だったが、直接聞くのは久しぶりだった。

もっとも、山岸は失点に関して、プレーとは直接関係のない部分でも反省点を見出していた。
「失点から10分以内にまた失点することが多いんですよね。そこはウチの課題」
川崎戦では、79分に大久保嘉人の豪快な一発で同点にされ、その1分後に逆転弾を喰らっている。

ゴールを奪われた直後にピッチ上の選手たちのメンタルがガクリと落ち、冷静さを失っているように見えることが今季何度かあった。
山岸もベンチ脇から見ている間、同様のことを感じていたらしい。
「失点から10分以内にまた失点することが多いんですよね。そこはウチの課題」と語った。
そしてその課題を、自分が何とかできないのかと考えてもいた。

「失点した後に、悪くなった流れを切るということが必要。年齢とかチーム内での立ち位置を考えても、それは自分の仕事のひとつなのかな……、と思います。そこはもっと自分もやっていかないといけない。大きな反省点のひとつ」

川崎戦から2週間が経った甲府戦、複数の決定機を防いできた山岸は、アディショナルタイムにネットを揺らされた。
そして、自らの手でセンターサークルへとボールを送り返した。
その直後、ペナルティエリア内に肩を落とした選手がまだ留まっているのを目にして、自らがエリアの外まで出て、チームを鼓舞した。両手を後ろから前方へ掻き出すように動かし、彼らの意識を、背中を『前へ』と押していた。


まもなく試合終了の笛が鳴ると、興梠慎三は仰向けにピッチに倒れ、荒い息を継いだ。

「チームが勝てば、自分はどうでもいいんすよ」

興梠はそう公言して憚(はばか)らない男だ。

「チームが勝ってるなら、『僕は自分の数字にはそんなこだわってないんですけどね』って思うんですよ。『チームが勝ってるなら、いいじゃないですか』って」
FWとして、得点を挙げるということから逃げているわけではない。
欲がないわけでもない。
興梠が『チームの勝利』を最重要視するのは、彼が人一倍、優勝にこだわっているからでもある。
ホームでの大分トリニータ戦、1-3とリードされて迎えたハーフタイムに、彼が「優勝したくないんか!」と語気を強めて口にしたことは、ファン・サポーター諸氏はご存知のはずだ。

もうひとつ、興梠が自分が得点することに強く固執しない理由がある。
得点以外のプレーも評価してもらいたいという思いを抱えているということだ。
だからこそ、彼はレッズサポーターに感謝している。
「自分で言うのもなんですけど、アシストしたり身体張ってキープしたり、レッズのサポーターはそういうのをちゃんと見てくれて、応援してくれてるんだなって思います」
移籍から数カ月を経たころ、彼は嬉しそうにそう語っていた。

今日の甲府戦、89分、山岸が前線へ大きく蹴り出したボールを、興梠はDF2人の圧力をものともせずに胸トラップで収めた。さらには自らの身体を盾とするようにボールを守り、相手の3人目が戻って来るとフォローについた味方へとボールを浮かせて逃がした。まもなく90分にという段階で見せた、力強さと軽妙さを兼ね備えることを示すそのプレーに、スタジアムには割れんばかりの拍手が鳴り響いた。

あの拍手は、彼の耳に届いていたのだろうか。
届いていたと思いたい。
試合後、それを確認することは叶わなかった。
ミックスゾーンで報道陣から声をかけられた興梠は、「今日は勘弁してください」と言うように手を挙げ、去って行った。
筆者はミックスゾーンでの彼の行動をいつも追っていたわけではないので確証はない。だが、僕が見てきた限りでは、彼が無言で去ったのは浦和に来て以来はじめてのことだ。
もっとも、何より雄弁だったのは試合終了後の彼の行動だろう。

両チームの選手が互いに握手を終えると、サポーターへ挨拶に向かうチームメイトの流れとは逆方向に、興梠だけが歩き出した。
身体を引きずるようにしてベンチに辿り着くと、RECARO製のスタジアムシートにへたり込んだ。

そんな興梠を連れ戻しに行ったのが山岸だった。
「慎三は悔しさを滲ませながらベンチに戻っちゃったけど、サポーターへの挨拶は全員で行かなければいけなかったから、呼び戻しました。あれで呼び戻さなかったら、あのまま1周しちゃってたと思うから」
山岸はそう振り返る。
「どういう結果であろうと、僕らは結果を受け止めるしかない。勝てなかった後にサポーターのブーイングを浴びるのも、浦和の選手である責任だと思うから。だから、慎三も行かなきゃ駄目だと思って呼びに行った」、と。

たしかにこの日、浦和レッズは勝ち点2を失った。
しかし、それでも首位とのポイント差は4、残る試合数は8。
まだ下を向くには早すぎる。

(了)

【追記】

山岸がベンチに甘んじていた期間そうしていたように、この日の加藤順大も、試合後に肩を落とす仲間を励まして回っていたことを付記しておきます。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

9月14日 FC東京戦 『反省と期待』

FC東京戦、リプレーを見せられているかのような失点の形には、多少の失望を禁じ得なかった。それが正直なところだった。

失点に関して最初に思ったのは、1点目と3点目のFKは与えずに済まなかったのかということ。
どちらもハイボールに対して競る前に、相手選手を後ろからチョコンと押したことでファウルを取られてしまっている。笛が吹かれなければ、「マリーシア」の一種類に数えられるものなのかもしれないが、もったいなかった気がする。
もしかすると照明が目に入って目測を誤ったのかもしれない。
あるいは、フルコートを使っての練習をあまりやらない― フルコートでのメニューはゼロではないが、やったとしてもビルドアップからフィニッシュまでの組み立て確認が主な目的―弊害もあるのかもしれない。

このあたりのことは、別の機会に本人たちに確認してみたいと思う。
試合後に確認しきれなかったのは、DF陣がロッカールームから出てくるのが遅く、一方でチームバスの出発時間が迫っていたからだ。

失点について、セットプレーでの対応について、ずっと意見の擦り合わせをしていたそうだ。
彼らの話をまとめると、セットプレー時のラインコントロール方法については、共有されていなかったということだ。

「ある選手はラインを早めに下げて跳ね返す、ある選手はラインをギリギリまで止めて我慢する。そういうところの1人1人の考えの違いから、ああいうゴールが生まれたのかなと思いました」(森脇良太)

セットプレーで、ほぼ同じ形から3失点し勝ち点を得られなかったのは痛手だった。
だが、潜在的に抱えていた問題が浮き彫りになったとも言える。
山田暢久は試合後、守備陣で話し合ったことについて触れ、その話し合いによって「すぐ修正できることだと思う」とも語っていた。
同じ轍を踏まないことを期待したい。


上述のセットプレーへの対応についてだが、これは他の監督であれば真っ先に『約束事』として決めそうな事柄のようにも思う。
このあたりにもミハイロ・ペトロヴィッチという指揮官の、ある種の特殊性が伺える気がした。
ミシャ監督は、セットプレーはマンツーマンでというところまでは決めていたが、もう一歩先のところ―その際のライン設定はどこにするのか―までは徹底していなかったということだろう。
セットプレーでの守備について問われた監督はバスケットボールのルールを引き合いに出し、「背の高い選手をFKの前に入れて守って、それからまた替えることができれば」と試合後に語っていた。その表情を見れば、ジョークであることは明らかだった。とはいえ、そんな冗談が出ること自体、セットプレーでの失点については「仕方のないもの」として諦めている部分もあるのだろう、とも思わされた。
より正確には、マンツーマンの上から叩き込まれたような場合には、なのだろうが。というのも、試合前日のゲームメニュー中にCKを行なうことが偶にあり、集中を欠いてマークを外した選手がいた場合には、失点したか否かにかかわらず監督は烈火のごとく怒るからだ。
監督自身、そんなジョークを飛ばした後、「セットプレーに関しては高さに強い選手が揃っているるチームが有利だ。我々のチームは、GKも含めてボールをしっかりと扱える選手を生かしている」と付け加えてもいる。

(個人的には、この試合で3失点・勝ち点0という代償を払い、その末に、セットプレー時の守備のコンセンサスが構築されたのだから、確認の意味でもセットプレーの練習を採り入れてはと思うのだが、果たしてどうなるか……)。


ところで、監督は今季に入ってからも、「守備に割く時間があるなら、もっと攻撃面の練習でやらなければならないことがあるので、時間があったらそちらに回したい」という主旨の発言をしている。
その意味では、ナビスコカップ準決勝第1戦・川崎フロンターレとのゲームから見せている、これまでとは異なるビルドアップの仕方が興味深かった。

以前までは、3バック+阿部勇樹で最終ラインがビルドアップを行ない、中盤で鈴木啓太が中継して前線かサイドへというのが、主な型だった。
だが川崎戦からは、ダブルボランチがリベロの両脇に降りてきて、両ストッパーがサイドに開いた上で少し高い位置を取る形になっている。
大雑把に言ってしまえば、以前は4枚(中央2+サイド2枚)だったものを、5枚(中央3+サイド2枚)へと変えたのだ。
この変化について、FC東京戦後のミシャ監督は次のように語っている。

「攻撃の組み立てのところで川崎戦に続いて変化を見せた。相手は我々がシャドウあるいはトップに縦パスを打ち込んでくることを警戒していたはずです。我々はボランチの選手を落として3枚で回しながら、森脇と槙野を高い位置に持っていき、そのことでサイドから数的優位を作ってそこから侵入していく意図がありました。相手は渡邉・ルーカス・東・アーリアの4人が前に来て、ウチの4人にはめてくるような形だったと思いますが、なかなかボールの取りどころが限定できていないように思えました。2チームとも我々をはめ込むことはできていなかったように思います。新しい攻撃の形を、バリエーションのひとつとして持つことでもう一歩前進できると思います」

川崎戦以前までは、最終ライン中央から(必要ならば啓太を経由して)最前線中央へと、最短距離でボールを動かすたことをチームは大きな狙いとし、それが武器になっていた。
だが、そのやり方が警戒され、対策を講じられ、アウェイでの横浜F・マリノス戦のように封殺される試合も出て来てしまった。
その『迂回路』を開通させたということだ。


横浜FM、サンフレッチェ広島ともに勝ち点を取りこぼしたことは、レッズにとって幸運としか言いようがない。
その幸運を活かせるかどうかは、次節以降にかかっている。

次節、相手はヴァンフォーレ甲府。
前線には189㎝のFWパトリックがおり、彼は今節でもFKからヘディングでゴールを決めている。また、彼らは同じ3-4-2-1で来る可能性が高い。
その甲府に対し、どう守るのか。あるいは、いかに攻め倒すのか。期待したい。



テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

「求ム、『嫌われ者』 」 ナビスコカップ準決勝、対川崎、第1戦 永田充

ナビスコカップ準決勝第1戦、前半は狙い通りの形だった。
大久保嘉人・中村憲剛・レナトといった面々をマンマークに近い状態で封殺、川崎にチャンスらしいチャンスを作らせなかった。
そして前半終了間際に先制、後半開始早々に追加点と、パーフェクトと言っていい展開だった。

しかし、後半15分にリベロの山田暢久が負傷退場、その3分後に川崎が森谷賢太郎を投入して3バックから4バックへと布陣を変えて以降、状況は変わっていった。
川崎のシステム変更から4分後には2-1に。しかも、その直前のプレーで足をつった坪井慶介もピッチを離れることになる。
その後、大久保の豪快な右足ミドル一発で同点、直後には逆転弾も喰らってしまった。

川崎が布陣に手を加えて流れをつかんだときに、ミシャ監督には適切な修正指示を出してもらいたかったと個人的には考える。
だが、たとえベンチからの指示がなくとも、ピッチ内の選手たちで判断して対応してもらいたかったとも思う。
少なくとも1人、それが可能だったかもしれない選手がいる。
永田充だ。



「それまでずっと出ている選手は体力的にキツかったと思うし、助けてあげたいという気持ちで入ったんですけど、結果として3点取られてしまったので申し訳ない気持ちがあります」
山田暢と交代してリベロの位置に付いた彼は、うつむきがちにそう語った。

「ラインの上げ下げがほとんどできなかったので、もう少しそのへんを(何とかしたかった)。周りがキツいのはわかっていましたけど、それでもやっぱりやらせないといけなかったのかなと思います。ラインが深くなってしまってスペースを自由に使われだして、バイタルの空いたところからシュートを打たれて入ってしまったので、そのへんをもっと早く修正したかったです」

永田がラインアップを諦めた背景には、チームメイトたちの状態を判断してという、もっともな理由がある。
「1回ラインを上げたんですけど、あまり付いてこれない状況だったので、僕だけ上がってもバランスを崩すと思いました。(中略)ラインコントロールは僕だけのことじゃないので、全体として上げるのはちょっと難しかったです」

永田は「ああいうときに違う戦い方、完全にブロックを敷いたりとか、そういう方法もあったと思います。自分たち選手で判断して、状況に応じてやってよかったのかなと思います」とも語っていた。

「自分たち選手で判断して」という反省の弁は、昨年から耳にすることが多い。
裏を返せば、ピッチ上の監督とでも呼ぶべき強烈なリーダーシップを取る選手がいないということだ。

あるいは、こう言い換えた方が適切かもしれない。
『嫌われることを厭わない選手がいない』、と。


前述のように、この日の永田は周囲の状況を見て、ラインアップをやめている。
その判断は、ある意味で冷静な、正しいものなのだろう。
だが、彼自身が「それでもやっぱりやらせないといけなかったのかなと思います」と口にしていた通り、チャレンジし続けてみて欲しかった。
永田が周囲の選手に鞭打ってラインコントロールを続けていたら、どうなっていたのか――。
彼の言葉通り「バランスを崩して」失点していたかもしれない。
だが、足をつった坪井がピッチを離れてから大久保の同点弾までは10分以上あった。試合終了までは無理だったとしても、川崎へ傾いている流れを一時的にでも堰き止め、引き戻すきっかけを作れたかもしれない。


強烈なリーダー、あるいは嫌われることを厭わない選手の不在は、実は先日の横浜F・マリノス戦でも強く感じていた。
あの試合の2失点目と3失点目は、マルキーニョス、中村俊輔の素晴らしいシュートによるものだった。
だが、どちらの場面でも、レッズの守備の人数は足りていた。
この2失点について、坪井はこんな反省を口にしている。
(筆者注:横浜戦については、坪井選手は他にも色々と反省の弁を述べているのですが、主旨がズレるのでここでは触れません)。

「自分が守るだけじゃなくて、周りの守備の統率・連動の部分でももっとリーダーシップを取ってやってかなきゃいけないかなというのは、ありますね」

それができなかった理由は、そもそもこれまでに彼がこなしてきた役割が、リーダーシップを求められるものではなかったということがひとつ。
もうひとつが、あのときの彼の精神状態。先制点を与えるきっかけのひとつは、彼から那須大亮へのパスが相手に触れられてしまったことだ。「那須には悪いことをしてしまった」と、試合後の坪井は責任を口にしている。
ミスをおかしたことによって周りに主張しづらくなってしまうというのは、非常にわかりやすい心理作用だ。
だが、そうやって為した『遠慮』が、結果としてピッチ上で更に悪い状況を呼ぶこともある。
たとえば外国籍選手(すべてではないが)たちは、自分のミスを棚上げにして主張すべきところは主張することができる。そういうメンタル面での強さを持っている。
多くの日本人にそれができないのは、思ったことを口にするのを躊躇ってしまうのは、嫌われる・不興を買うことへの怖れが心の奥底にあるからではないのだろうか――。


筆者自身は、他人に嫌われないで済むのならば、それに越したことはないと思っている。
だから、選手たちにあまり強く言う資格はないのかもしれない。

だが、タイトル獲得を最優先課題とするならば、選手たちは嫌われることを、不興を買ってしまうことを怖れるべきではない。
ピッチ上のことはピッチ上のこととして割り切れるだけの関係性が、今の選手たちの間にはあるとも思う。

これから先チームに必要なのは、『嫌われ者』になれる選手の出現である気がしてならない。


【追記】

強烈なリーダーシップの発揮をまず求められるのは、キャプテンなのだろうとは思う。
しかし、阿部勇樹のパーソナリティの「方向性」とでも言うべきものは、『強烈』なキャプテンシーとは少し異なるもののように個人的には見える。

以下はメールマガジンに記したことと重複してしまうが・・・

阿部は確かな技術を持ち、かつ勇猛果敢な素晴らしい選手だと筆者は思っている。
だが、先頭に立って集団を引っ張っていくようなリーダーシップの持ち主かと問われれば、首をかしげざるをえない。
どちらかと言えば、阿部は集団の最後尾に位置し、そこから遅れそうになる選手を後ろから押し上げるタイプだ。
大原サッカー場での彼は、それを体現してもいる。
ランニング中、歴代の多くのキャプテンとは異なり、阿部が先頭に立つことはない。ほぼ最後尾に位置してゆっくりと足を運ぶ。パス練習では、相手にあぶれていた若手を真っ先に見つけ、「おい、一緒にやるぞ」と誘ったこともあった。そういう優しいキャプテンなのだ。

・・・とはいえ、選手たちにとっても、発言に一番説得力がある同僚は阿部のはずなので、彼がその殻を破ってくれることに期待したいと思う。


【追記2】

念のため。筆者にはこの試合の永田充選手を批判しようという意図はありません。
新潟戦のMDPでも触れましたが、彼自身のコンディション・試合勘などは、まだ50%を上回った程度。
その状態の中でできることを、難しいシチュエーション下で投入されながら、こなしていたと思います。

彼の川崎戦後の発言中に、ピッチ上でのリーダー論とでも言うべきものへの端的な素材が含まれていたので、彼を中心に書かせてもらいました。
もちろん、永田選手にももっとリーダーシップを発揮してもらいたいという個人的な願いはありますが、今回はあくまで一般論を展開する上でのわかりやすい具体例として、取り上げたつもりです。

このあたりのことも伝わるように書くべきだったと、反省しております。
永田充選手のファンの方で不快な思いをされた方がいらっしやいましたら、誠に失礼いたしました。


テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

『変わるもの、変わらないもの』 田中達也

「好きでレッズを出たわけじゃないのに、なんでブーイングされないといけないの」

翌年の契約を勝ち取れなかったがゆえに浦和を離れなければいけなかった選手たちが、『古巣』との対戦を前にそうボヤくのを幾度か聞かされたことがある。
《まあ、そう感じるのはもっともだよな》と思う。

ただし、興味深いのはこの後だ。
レッズサポーターからブーイングされることに不満を口にしていた選手が、実際にブーイングされた試合後には、こう語るのだ。

「レッズのサポーターが自分のことを覚えていてくれてるんだと感じて、嬉しかった」と。

そういった過去があったから、今日、自宅を出たときの筆者はこんなことを想像していた。
試合前のメンバー紹介では、田中達也に対しての愛情がこもった盛大なブーイングがスタジアムを満たすことを。
試合後には、達也がそれに対し、何らかの形で謝意を示すことを。

結論から言えば、筆者の想像はどちらも外れた。

彼の名前がアナウンスされたとき、たしかにブーイングはあった。
しかし、それを掻き消すほど大きな拍手が鳴り響いた。
レッズから国内移籍 ―その理由がどうあれ― した選手への反応としては、クラブ史上希に見る出来事と言ってよかった。
やはり『田中達也』は特別なんだなと、なぜだが自分まで嬉しくなってしまった。


その盛大な拍手が送られてから2時間45分が過ぎた頃、彼はミックスゾーンに姿を現した。

「自分のミスが続いたのでチームに迷惑をかけたなと思います」

それが、第一声だった。
うつむく彼を慰めようとするかのように、報道陣からは「でも、左足での惜しいシュートもあったけど?」と水が向けられる。
ある意味での自身のプレーへの賛辞に、彼は笑みひとつ返さない。
代わりに、自分自身が納得ができなかった点を口にする。

「それよりも、他のところの繋ぎの部分でチームの役割を上手く果たせなかった。だから、交代したのだと思ってます」

《変わってないなぁ》と思わされた。
チームが勝利しても、絶対に大言壮語はしない男だった。
決勝ゴールを挙げても、「点が取れたのは、後ろでしっかり守ってくれたDFと、パスを出してくれた中盤の選手のおかげです」と語る男だった。
敗戦後に言い訳は口にせず、責任を負おうとする男だった。

何よりも彼らしいと思わされたのは、メンバー紹介時のレッズサポーターの拍手について問われたときの答だ。
「(拍手については)嬉しいですけど、アルビの一員として今日は勝ち点3を取って帰りたかったです。非常に残念です」
視線を落としたまま、そう口にした。

かつて浦和の背番号『11』を背負っていた男は、もうすっかり新潟の背番号『9』になっている。
だが、『田中達也』という人の中身は、何ひとつ変わっていなかった。



【以下、追記です】

この日、アウェイ側ゴール裏最下段には【オレンジ・青・白】の横断幕が3枚、掲示されていました。

1枚は『 La FAMILIA』 。
1枚は 『SURVIVE』

おそらくこれら2枚は、新潟サポーターの方たちがとても大切にしているはずのものと思われます。

そして、この2枚を覆う形で 『田中達也』 の横断幕が掲示されていました。

この一事からだけでも、彼は新潟で愛されてるんだなとわかり、とてもホッとした気持ちにさせられました。


テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

メルマガはじめました!
プロフィール

小齋秀樹

Author:小齋秀樹
1970年12月18日、宮城県生まれ。仙台第一高校→早稲田大学卒業。
サッカー選手のインタビュー、ノンフィクション執筆をメインに活動するJリーグ登録フリーランスライター。

著書は『goalへ―浦和レッズと小野伸二』(文藝春秋)、『敗戦記』(文藝春秋)。

サッカー専門誌や『web Sportiva』、『Sports Graphic Number』への寄稿のほか、浦和レッズのホームゲームで発行・販売される『オフィシャルマッチデープログラム(MDP)』にて『WARRIORS IN RED』を連載中。

Twitter
アクセスカウンター
サッカー以外の記事執筆も承っております。下記からご連絡下されば幸いです。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。