スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『走るファンタジスタ、走る』 柏木陽介

前半7分の、柏木陽介の先制弾。
あの場面で思い起こしたことが三つあった。

ひとつ目は、前日の練習後に柏木の口から漏れたつぶやき。

「今は安定して良いプレー、普通以上のプレーはできてると思う」
そう言ってコンディションの良さに触れた後、「あとは・・・、点取りたいね」と口にしていた。
もう一段階、調子を上げるための足がかりとして、彼はゴールを欲していた。


思い起こしたことのふたつ目は、7月17日の横浜F・マリノス戦での一場面。
2-2で迎えた後半の26分、カウンターから柏木→興梠→マルシオとつないで、ペナルティエリア内右、柏木の目の前にボールがこぼれる。
エコパスタジアムでの先制ゴールの場面とほぼ同じ位置から、柏木は左足でシュートを放った。
しかし、ボールは前に出て来たGKの正面に飛び、弾かれてしまう。

その絶好機に決めきれなかったことを、彼はしばらくの間悔やんでいた。

「コースがなくて難しかったとは思うけど、あそこで冷静に打てるような能力とか、当たり損なっても入る運があれば・・・」

そう言って、こう続けた。
「そういう運を引き寄せるためには、日頃からしっかりやって、自信を付けて、楽しくやるってのが一 番なのかなって思う」
清水戦でのゴールは、その前提として素晴らしい技術があったことはもちろんだが、多少なりとも幸運に助けられたようにも見えた。バウンドの仕方が少しでも違うものであったなら、GKに当たっていた可能性がある。何より、横浜FM戦では利き足でのシュートが弾かれているのに、清水戦では決して得意とは言えないはずの右足で決めているのだ。
やはり、幸運はあったと思う。
そして、その幸運を引き寄せたのは他ならぬ柏木陽介自身のはずだ、とも。


想起したことの三つ目。
こちらも、前日に彼が語っていた言葉だ。
前節の大分戦での彼のプレーとその意識について、確認させてもらったことがキッカケだった。
筆者には、大分に0-3とされてからチームを牽引した要素のひとつが、いつにもまして攻守に献身的な彼の『走り』にあったように思えた。
だから、確認の意味を込めて「走ることでチームを引っ張ろうという意識もあったのか?」と尋ねてみた。

「そこはそんなに意識してないけど」と柏木。

「でも、走ることは自分の中でやらなアカンことのひとつであるし、今まで『上手い選手』とか言われてきたけど、オレは自分では『めっちゃ上手い選手』だとは思ってなくて、走る中から良いプレーができるというのが自分の長所やと思ってる。だから、それを続けないといけないってことは、ずっと思ってる」

清水戦での先制弾は、鈴木啓太から宇賀神友弥への大きな展開を機に、宇賀神→興梠→宇賀神→柏木という流れだった。
啓太から宇賀神へ長いボールが打ち込まれたとき、柏木が居たのはハーフウェイラインから自陣へ数歩入った位置。
そこからの長い疾走があったからこそ、生まれたゴールだった。

そして、そのゴール以前も以降も、柏木は走り続けていた。
彼はやはり 『走る』ファンタジスタ なのだ、との思いを新たにさせられた一戦だった。

柏木陽介という青年は自己評価が厳しい。それゆえ、悩むことも多い。
その彼が上昇気流を掴みつつある。

本人にとってはもちろん、チームにとっても吉報以外の何ものでもない。




スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

メルマガはじめました!
プロフィール

小齋秀樹

Author:小齋秀樹
1970年12月18日、宮城県生まれ。仙台第一高校→早稲田大学卒業。
サッカー選手のインタビュー、ノンフィクション執筆をメインに活動するJリーグ登録フリーランスライター。

著書は『goalへ―浦和レッズと小野伸二』(文藝春秋)、『敗戦記』(文藝春秋)。

サッカー専門誌や『web Sportiva』、『Sports Graphic Number』への寄稿のほか、浦和レッズのホームゲームで発行・販売される『オフィシャルマッチデープログラム(MDP)』にて『WARRIORS IN RED』を連載中。

Twitter
アクセスカウンター
サッカー以外の記事執筆も承っております。下記からご連絡下されば幸いです。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。